NaoCo Masuda

【会社を辞めてフリーランスになりたい人へ】在宅ワークと人間関係の秘密

|フリーランス

フリーランス希望者の中には

人間関係が苦手だから在宅で仕事がしたい

と言う人が少なからずいると思います。

でも、はっきり言ってフリーランスって個人事業主です。

案件は自分で取りに行かなきゃいけません。

と言う事は、フリーランスとして働くには人間関係のスキルがとても重要だと言うことを忘れてはいけません。

ただ、

会社員など勤め先での人間関係とはちょっと種類が異なるとは思います。
naoko

そこで今回は

人間関係があまり苦手ではない

と言う方のために、

フリーランスでの必要な人間関係についてお話させていただきます。

目次

会社など勤め先で必要な人間関係とは?

人間関係が苦手だな

と感じている人たちの思っている人間関係とは

会社や勤め先での同僚や上司たちとの付き合い方が苦手な人が多いのではないでしょうか?

このようなシチュエーションでの人間関係で必要なのはズバリ協調性です。

ここで言う協調性とは

相手に自分を合わせる

と言う事ですね。

具体的には

・自分が正しいと思うことを押し通してしまうと人間関係が壊れてしまう
・常に周りの人間に気をつかって過ごさなければいけない
・周りの人間と同じでなければいけない

こんな感じではないでしょうか。

こんな気持ちに疲れている人たちが

人間関係が苦手…

と感じているのではないでしょうか?

このような自分を殺して周りに合わせるような人間関係、フリーランスには全く必要がありません。

なので今もし

人間関係が苦手だな

と思っている人でも、フリーランスに必要な人間関係を構築することができます。

フリーランスで必要人間関係スキルとは?

では、フリーランスで必要な人間関係とは一体どのようなものでしょうか?

私はフリーランスに必要な人間関係スキルは2つあると思っています。

1、自分をしっかりアピールできるスキル

フリーランスは、どこかのクラウドソーシングサイトに登録していると、勝手に仕事が向こうから入ってくると言うわけではありません。
逆に、私たちフリーランスは

仕事をもらうために自分が何ができるかをアピールできる

というスキルが必要になってきます。

この人に仕事を任せたいな

と思わせるアピール力がフリーランスに必要な対人スキルの1つ目であります。

2、相手にとって必要なことを汲みとれるスキル

フリーランスが受ける受注案件の意義は

クライアントの必要なことを実現してあげる

ことです。

なので、相手が何を必要としているかを素早く感じ取り、それを実現してあげるスキルが必要になってきます。

勤めている時は、自分を抑えて相手に合わせる

これを人間関係と言うなら

フリーランスでは、相手の意図を実現するために自分の能力を最大限に使う

これが人間関係の重要なポイントとなってきます。

フリーランスと会社員では人間関係の「種類」が違うのです!

今勤めている会社で

人間関係が苦手だな

と思っていても心配しないでください。

フリーランスでの人間関係は勤め先での人間関係と全く種類が違うのです。

ただし勘違いしないで欲しいのは

「自宅で仕事をすると、人間関係を持たなくていいから楽そう」

と言うのとは全く違います

naoko

逆にフリーランスでの人間関係の方が質も難易度も高いと言えるでしょう。

ただし自分を押し殺して人付き合いをする

と言うのとはちょっと違いますね。

自分の魅力
人を思いやれる能力

こちらを最大限に生かしてフリーランスでも人間関係をうまく作り上げたいものです。

そんな在宅ワークで案件を獲得するためにはまずは

クラウドソーシングサイトに登録すること
naoko

です。

自己アピール力の第一歩を踏み出してみませんか?

この記事を書いた人

naoko
  • ナヲコ
  • フリーランスwebデザイナー
  • 40歳近くまで「HTML」を知らなかったのに、そこから勉強してフリーランスでwebデザイナーになる。
    IT業界での就職経験なし。
    会社員時代より収入も時間も余裕有。

Contact Me!

TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。