NaoCo Masuda

【解決策あり】スキルなしから独学でフリーランスwebデザイナーになった私が後悔したこと

|フリーランス

私がフリーランスデザイナーになって4年が経とうとしています

楽しいこともたくさんありましたが、これはやっとけばよかったな、と思うこともたくさんありましたので

今回は今からフリーランスを目指す皆様に

私がフリーランス初心者の頃にこれだけはやっとけばよかったな
naoko

と後悔したことを、本当にあった私の実体験を織り交ぜながらご紹介します

目次

スキルなしフリーランスだった私が初心者時代、実際起こったこと

まずは、スキルなし・IT業界への就職経験なし私がフリーランス初心者のころにどんなことが起こったかを述べさせていただきます。

最初の3か月はは時給換算300円

私が最初フリーランスとしてウェブデザイナーの仕事を始めたときなんと時給換算すると300円にも満たなかったことが3か月ほど続きました

と言うのはスキルなし未経験の状態から何も分からずに案件を受けてしまったのでウェブサイト制作の見積もりを作っても

あまりスキルがないから安くで受けてあげよう
naoko

と安請け合いをしてしまっていました。
さらに

スキルがないせいで案件の要件を満たすのに時間がたくさんかかってしまう
そしてまた効率が下がり時給が低くなる悪循環…

という状態でした。

安く受けている+時間がかかるというせいで時給換算するととても割が悪く、しかも納品したサイトの質もあまり良くない…

この時私が思ったのが

あーちゃんと勉強して、スキルアップする時間が欲しい
naoko

といつもストレス満載の日々を過ごしていました。

一日の平均勤務時間12時間

初心者の頃の私は1日の勤務時間平均12時間でした

ひどい時は朝の9時から夜中2時までずっとサイト作り…
(この状況は今も変わってない気がしますが)
今の私だけを知っている人は

ナヲコさんは海外旅行行ったりダイビングしたり時間を自由に使えてうらやましいな

と思っているようですが、実は仕事しているときは全く違います。
大体今も朝の9時から晩の23時ぐらいまでは仕事です。

それに加えて休みもほとんどありません。

予定がない時は今もだいたい週休0日で毎日仕事しています。

雇われているときは

休みがあって当たり前

と私も思っていましたが、フリーランスは個人事業主なので

休みがある=収入はゼロ

と言うことになります。

なので休みなしの生活をどこまでうまく時間を使い回して過ごすことができるか、そのコントロールにさらにストレス満載の日々を送っていました。

勤務が終わってからはスキルアップの勉強

フリーランスは仕事が終わってそのままゆっくりできる

と言うわけにはいきません。

仕事が終わったら次は、スキルアップのための勉強の時間を作らなければいけません。

そしてその勉強時間は当然ながら収入はゼロになります。

と、言う事は

ほぼ生活の全ての時間を仕事のために費やせるか

これがフリーランス初期の大変なところであります。

うまくいかないことのストレスから主人と大喧嘩2回

このようなことがあって、フリーランス初期の頃に主人(当時は彼氏)と2回ほど大喧嘩をしたことがあります。

当然大喧嘩になるまでは、お互いの関係もうまくいっていない、そしてモヤモヤとストレスが溜まったある日爆発して大喧嘩につながる…

こんなことが最初の1年間で2回ありました。

実は主人にも大怪我終わってしまい、今こうして結婚して2人で一緒に生活ができているのが不思議な位関係が悪化していました。

そしてバーンアウトして内観療法を受けることに…。

このままでは私はダメになってしまう

と一大決心し、「内観療法」と言うものを受けることにしました。

内観療法に関しては、こちらをクリックいただければ詳しく書いてありますので割愛いたしますが、

内観療法を受けたことで、私の心の感じ方も大きく変化をし、主人も私の過ちを許してくれたことで、私は大きく変わることができました。

ただ、ここまでなるまでに

なんでもっと心に余裕を持つことができなかったのだろう?

と今は後悔しています。

それでも辞めずに続けて今どうなっているか

そんな大変な人生を送ってきた私ですがではなぜ今もフリーランスウェブデザイナーとして仕事を続けていられるのでしょうか?

諦めずに頑張ったことで、今の結果は下記のようになっています。

OL時代より稼げてます。

私がこの仕事を始める前、大手製造業の派遣OLをしていました。

その時より今の方が給料が良いのは確かです。
naoko

確かにフリーランス初心者の頃は時給300円ほどでしたが、今は低く見積もっても月収は派遣OL時代よりははるかに良いです。

趣味のダイビングで年3回旅行行ってます。

このダイビング旅行はOL時代からずっと主人と2人で続けていましたが、フリーランス時代とOL時代の明らかな違いは

有給を気にせず好きな時間休みが取れる

ことです

OL時代は有給をフル活用すると会社の仲間から

ナヲコさん、また有給取るのか

とイヤミの1つも言われていましたが、今はフリーランスなのでそんな嫌味すら言ってくれる人はいません(笑)

おかげでOL時代よりもいろんなところ時間をかけてに旅行に行くことができています。

時間の使い方が上手になりました。

確かに私の普段の生活は

1週間の勤務日7日、勤務時間9時から23時です。

さらにこの勤務時間の間に取る休憩時間には、晩御飯の用意を含めた家事などをこなしているので普段は休みどころか休憩すらも全くありません。

ただ、

休むと決めた日は頭のスイッチを切り替えてしっかり休めるようになりました。

もちろんその日に休みを取るために前もって何をしてないといけないか、と言うのも計算ができるようになり、

たまに平日の昼間からお酒を飲んでダラダラ過ごすこともあります。平日の昼酒はいいですね。

結論:スキルアップの努力は最初に集中してすべき!

ではなぜフリーランス初心者のころ、私がこのように苦労ばかりをしてきたかと言うと、これには2つの原因があると考えられます。

1、初期の頃の勉強が十分でなかった。
2、IT業界に勤めるなどの、実務経験が足りなかった。

この2つに尽きると思います。

スキルなし未経験からフリーランスウェブデザイナーになった
naoko

なんて上の文字だけ見るととても聞こえは良いように感じますが

実際は相当苦悩する道のりです。

こんな私のような苦労をしないためにもフリーランスを目指す初心者、スキルなしの人にはぜひ十分な勉強と実務その勉強成果を十分に生かす実務経験をある程度こなしておくことが大事です。

スキルなしフリーランサーにおすすめの勉強法

フリーランスを目指す方にお勧めの勉強方はオンラインのブートキャンプがお勧めです。

理由は

1 短期間で実務に必要なスキルの基礎が身に付く
2 わからないところやつまずいたところはメンターに聞くことができる

というところです。

特にこのメンターに聞くことができる、これは非常に初心者には大切なことです。

独学でやってしまうと、プログラミングがうまく動かないときに最も挫折してしまいます。

そんな時即座にアドバイスをくれるメンターの存在は挫折しないスキルアップに大きく貢献してくれます。

2年は就職する、というのも大切な勉強方法

そして実務については

1 仕事についての1連の流れが把握できる。
2 スキルをアウトプットする習慣が手っ取り早く身に付く。

というメリットがあります。

特にスキルを習いたての初心者の頃は、このスキルのアウトプット日に非常に苦戦することがあります。

そんな時に会社の同僚と一緒にアウトプットについてのアドバイスを言い合える、聞きあえる言う事はとても大切なこととなります。

まぁ、就職経験ゼロの私が言っても説得力がないかもしれませんが、

私は、就職をしなかったからこそ大変な思いをした

と言う後悔を持ってますので、これからフリーランスを目指す人はまずは2年、実務経験を積まれることをお勧めします。

あとは継続は力なりで、続けていくこと

こんなことを言うと身もふたもないような気がしますが、私が正直ここまで頑張ってこれたのは、

絶対フリーランスでかせいでやる!
naoko

という気持ちがだれよりも強かったからだと思います

願いは思えば思うほど強くかなうといいます。

しんどいのは最初だけ。

私のような大変な思いをする必要はないと思いますが(笑)正直このモチベーションをどこまで強く持ち続けられるか、が勝負の分かれ目ですね。

この記事を書いた人

naoko
  • ナヲコ
  • フリーランスwebデザイナー
  • 40歳近くまで「HTML」を知らなかったのに、そこから勉強してフリーランスでwebデザイナーになる。
    IT業界での就職経験なし。
    会社員時代より収入も時間も余裕有。

Contact Me!

TOP

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。